ブリオレットカットの魅力

2014/10/06 11:14:06

テーマ:カラーストーン・半貴石・色石について

ここ数年の流行のひとつに
アンティーク感
手作り感
クラフト感
があるジュエリーというものがありました。その結果流行したのが、このブリオレットカットを施したジュエリーたちです。

ブリオレットは、揺れるデザインが多いので、男性ウケが良い、ということもありますが(笑)、何より、綺麗にカットされているものが少ないため、一個一個かなりばらばらであることが多く、その結果、サファイアなどを除き、結構お安く取引されているわりに、可愛いので人気がでました。

また、スワロフスキーなどのジュエリーを使って手作りのジュエリーが流行したことで、少し良い素材を!と手をだすのに出しやすい価格であったためですね。K18のものは比較的少なかったのですが、最近ではアレルギーを気にする人も増え、みかけるようになってきました。


自分でパーツを買って手作りしたりもできるところがなかなか手を出しやすいということでしょうかね。結構みかけます。

また、ひとつひとつ、バラけた形は、マイナスに捉えられがちですが、手作り感、アンティーク感、として、売りになっているのもポイントです。綺麗すぎると、スワロフスキーっぽくみえてしまうのですね。こんな安くても、インドなどの研磨工場では、一つ一つ手で削っていることが多いので、正直、脱帽です。

とは言え、このブリオレット、安いわりに、(←しつこい)ほんと可愛いんですよね。結構チャームとしてネックレスに足したり色々楽しめます。買い足しやすいですし。

なかには、結構手作りで自分でつくったようなひどい質のジュエリーをオンラインショップで売っていたりして、おいおい・・・と思ったりしてしまいますが、大体会社ではなく、個人で売っていることが多いのですが、雰囲気はいいことが多いので、買ってしまうのでしょうね。

ポツポツ買い揃えてみるのも面白いアイテムです。